2019/03/15 14:01

スペイン、バレンシアの街では


毎年3月15日から19日、一気に、

火祭り(ラス・ファジャス)モードが加速して行く。





こんにちは、エンフォケです。


今回は、いつもと違うblogに、私の個人的な第二の故郷、アナザースカイblogなります。



テーマは、2016年に世界遺産に登録されたスペイン三大祭りの一つ、


バレンシアの火祭り(サン・ホセの火祭りとも呼ばれる)ラス・ファジャス(Las Fallas)です!!


火祭りのために一年かけて作られる火祭り人形、それらを祭りの最後に燃やしてしまうといった、


ちょっとクレイジーなお祭り。。。



その他沢山のいろんなイベント、恒例行事があります。


その一番の盛り上がりが、3月15日から19日、海外、国内観光客を含め、地元の人たち、本当にたくさんの人が一気に街の中心、


セントロ(centoro)に入って来ます。



過去に(2016年)私が撮影した写真ですが、それを踏まえて少し詳しくご紹介


¡¡Las Fallas en Valencia!!




3月15日以前、2〜3日前かな? 

バレンシアの中心街のセントロは当たり前ですが、他の地区、地方の広場、通り=カジェ(calle)にもパーツ毎に分けて、

全てのニノット(ninot, ニノッツ ninots)、ファジャ(Falla)を配置されて行きます。

2〜3mの物もあれば、10mを超えるものもありますし、何百体もあちこちに運ぶのも相当大変ですね〜。


写真:enfoque




“プランタ(plantà)” 

そして、3月15日から16日の朝までかけて、それぞれの火祭り人形の職人、チームによって、それらの全てのニノット(ninot, ニノッツ ninots)、

ファジャ(Falla)が組み立てられて行きます。


写真:enfoque




夜も遅くなって来ました。


写真:enfoque




徹夜作業が続きます。


写真:enfoque




ほぼ完成しているFalla、凄い完成度、芸術的ですよね〜。

写真:enfoque




こっちも綺麗!!


写真:enfoque




こうして夜通しで、クレーンなどを使って火祭り職人の手で一気に組み立てられて行きます。


ある程度、夜遅くまである他のイベントもあります。お祭りです、夜遊びです。www




光のイルミネーション “Calles iluminadas” 

こちらは、別の行事、3月8日~最終日19日まで夜20時半?から一日3回だったかな?

ルサファ地区の6つの通り(カジェ:calle)に、それぞれ違うイルミネーションが設置されていて音楽に合わせてイルミネーションが点滅するショー。


写真:enfoque




皆、始まる前に集まり、ぎゅうぎゅう詰めの中、スマホ構えて録画撮影!!


写真:enfoque




火祭り人形だけでなく、夜もラス ファジャスで賑わいます。



そして、昼間には3月1日からLas Fallasの最終日まで、“マスクレタmascletá)”と呼ばれる爆竹ショーがあります。

毎日14時に市庁舎広場で行われ、バレンシアの街を盛り上げます。ちょっと写真は割愛。動画で無いとわかりにくいので...



そして大事なこと!! 

たくさんのファジャの入賞や1位を決めるのに、別会場の芸術科学都市(la Ciudad de las Artes y las Ciencias)にて

2月の初めから3月15日まで、たくさんのニノットを展示、一般投票の出来るようになっています。

何せ、最優秀の1位以外は燃やしますからね。



ニノットの展示、投票 “Exposición de Ninot”

ズラ〜っとかなりの数、各ニノットに番号が付いていますので、見終わったら投票します。

こちらはマヨール(mayor)部門。大人部門と言った感じ。


写真:enfoque




こちらはインファンティル(infantil)部門。子供部門と言った感じ。


写真:enfoque




コレは因みに、私の友人の火祭り職人チームの作品。

写真:enfoque




そして3月16日に火祭り人形審査会があり、色んな部門で入賞や1位(premio)が決められます。


写真:enfoque




もう、バレンシアのセントロは、更に火祭りモード!! スペイン国内、そして海外観光客の人たちで溢れかえって来ます。





写真:enfoque




違う角度から。


写真:enfoque




間近で見るにはエントラーダ(entrada)入場料が必要な所も、2ユーロぐらいとか。スペインの有名なビールメーカー、マオウ(mahou)の協賛。


写真:enfoque




大きいのやら、小さいのやら実にしっかり作り込まれています。


写真:enfoque




コレは中国風!! でも上の迫力あるファジャは何か顔が歌舞伎風ですね。w

上のものもそうですが審査が終わった17日に撮影しています。Premiと書かれたフラッグが飾られているのは、その部門での入賞順位です。


写真:enfoque




夜に撮影していたドラキュラがテーマのファジャ。

写真:enfoque




面白いけど、どんな意味なのか?www


写真:enfoque




もう芸術やね。


写真:enfoque




友人のファジャ発見!!


写真:enfoque




迫力あるし、精巧に作られてます。


写真:enfoque




全体像。


写真:enfoque




2016年の市庁舎前の巨大ファジャはこれでした。


写真:enfoque




巨大ファジャの足元には、過去の巨大ファジャの写真が飾られていました。


写真:enfoque




これら全てのファジャは、何か世の中の出来事を風刺したテーマによって作られています。


各ファジャに説明書きあるのですが、バレンシア語で書かれているのでさっぱり... 全然わかりません...(爆)


スペイン語はカステリャーノ(castellano)と言って共通言語、バレンシア語はバレンシアーノ(valenciano)と言い、


昔々バレンシアが国だった頃に使われていて、今はある程度地方の方々、お爺さん、お婆さんぐらいの方、過去の文化、言語を大事にされいる方々は、


今もバレンシア語を使います。




そして、スペイン語でオレンジ色はナランハ(naranja)です。


enfoqueのベルトループキーホルダー【オレンジ】






ちょっと長いので、続きは次のblogに違う行事も踏まえて書くことにします。



ではまた、¡Hasta luego!